合成ホルモン治療とは 改訂版・14日間集中!子宮筋腫・改善講座 続木和子

合成ホルモン治療とは


子宮筋腫 切らない 14日間集中!子宮筋腫改善・通信講座 続木和子


horumon.jpg


子宮筋腫があっても症状が出ない場合も多く
子宮筋腫ができていることすら認識していない女性も
多くいます。


症状がなく、日常生活に支障がない場合に採る治療法
として合成ホルモン剤を投与する治療法があります。


合成ホルモン剤には、プセレリンやタナゾールがあり
女性のホルモンであるエストロゲンの分泌を抑えて、
人工的に閉経状態にすることで、筋腫を小さくしていきます。


合成ホルモン剤を長期間投与すると、月経が止まり、
子宮は小さくなり更年期の閉経のような状態になります。


ですが、合成ホルモン剤の投与をやめることで、
再び月経が始まり、筋腫の大きさが元に戻ってしまいます。


子宮筋腫の治療法は、手術かホルモン治療でないと
治らない思っていませんか?


しかし、ホルモンバランスの崩れから発症した子宮筋腫は、
ホルモンバランスを整えることで改善するのです。


再発するかもしれない手術や対症療法でしかない
合成ホルモン治療をすることなく子宮筋腫を小さくする
方法を説いた講座があります。


>>早速講座の中身を見てみる。



病院で行う合成ホルモン治療や大きなリスクさえ伴う
合成ホルモン剤や漢方薬は、子宮筋腫を根本的に改善
することができません。



ご購入者の方には、無料特典を5つ付けさせていただきます。
⇒⇒詳細



※ご購入者全員を対象に、改善を実感された方に
5,000円のキャッシュバックキャンペーンを行なっています★















◆子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮腺筋症を自宅で改善!! 長谷川まりこ ホルモン療法 効果

木内式めまい改善術 感想3つ

子宮筋痔 手術 再発 手術しない!千里堂式 自宅でできる「痔」改善メソッド 三浦真人







合成ホルモン治療とは


posted by sikyukinshu14 at 09:42 | 合成ホルモン治療とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。